昔とはガラリと変わったガン保険の保障内容をご紹介します!

当サイトでは今と昔と大きく変わったガン保険の 保障内容を比較して失敗しないガン保険選びを紹介しています。 今までなかった保障や勘違いしていたミスなど 自分が加入しているガン保険と比べながらご覧いただきたいです! まだガン保険に加入されていない方はこれを機に 正しいガン保険に加入してみてはいかがですか?

私がガン保険に入った理由について

"わたしがガン保険に加入したきっかけは、母親がガンになって入院したからです。その時母親にガンになってからは入れないから、ガン保険に入っておいたらいいとアドバイスされました。
当時知名度のとても高かったアフラックのガン保険に入りました。私の入っている生命保険会社でも提携していたので、その保険会社のセールスの人から入りました。アフラックの人は良くわからないですが、大手生命保険会社なら安心ですし、何かあった時にすぐに対応してもらえると思いました。
そのガン保険の良い所は、掛け金が安いことです。私は終身型にしたので、毎月同じ金額をずっと払い続けていけば良いという安心感があります。
年を取ってから掛け金の負担が増える定期型は、少し心配だったこともあります。さらに疾病の特約もガン保険に付けることができたので、とても便利でした。疾病も終身型にしたので、かなり安く済ませることができています。
しかし、最近は補償内容も変わってきていますので、一旦見直ししようかとも考えています。"

備えあれば憂いなし

"私がガン保険に加入したのは今から2年ほど前です。
それまでまったくガン保険には興味がなく、入る気さえなかったのです。
私の家系はガンの家系ではない、そんなまったく何の根拠ないことに変な自信を持ち、加入することなどさらさら考えていませんでした。

それが何故加入したのか。
母が直腸ガンになったからです。
ガンになって驚いたのは私はもちろん、絶対ガンにはならないと豪語していた母が一番驚いていました。

母も私も保険に入ったのは数年前。
保険料も格安で入れる共済の医療保険を選びました。
当時は何もないと思うけれど、何かあったときの安心料として。

もちろんオプションであるガンタイプなどは選ばず、入院した一日いくら出るという保険です。

当然母はガンになってしまったので、いまさらガン保険になど加入はできず。
急きょ、母がガンになるなら私もなる可能性が、そう思い早速ガン保険を販売している保険会社を嫌というほど探しました。
私は全てインターネットで検索し、資料を取り寄せたりしました。

でも保険ってどの保険会社も「帯に短し襷に流し」。
入るとなるといろいろオプションを付けたいと思うと、一つの保険会社だけでは用が足りないのです。

それにそれまで入っていた医療保険を見直して一本化しようと思うと、なおさら加入するには難しい。

結局私が選んだのは、ガン保険単独で「チューリッヒ生命」。
ネット販売ということで、非常に保険料が安いんです。
私が加入したのは月1500円程度の保険料。

一番何に惹かれたのかと言うと、ガンと診断されたら一括で100万円プラス10年分の保険料相当額が戻るというゼロトクプランというのがあったから。

もしガンになったら、働くことも難しくなりますよね。
だったら一時金があると有難い。
何より治療代が非常にかかることは、母の入院で分かりましたから。
私の母は抗がん剤を半年ほど続け、幸いにも手術できる範囲にまで腫瘍が小さくなり、1年弱の入院で今はなんとか家で生活できるようにはなりました。

本当に医療費がかかりました。
借金までしました。
でも母は医療保険には入っていましたから、多少ですが保険金は入りました。
実際の治療費を考えると赤字なんですけど。

保険ですべてを補てんするのはなかなか難しい話です。
でも何も入ってないよりはいいですけどね。
保険会社は数あれど、なかなか自分の理想の保険というのはありません。
でも何か一つ、これだけは付けたいというものを決めて加入することが大切だと思います。"

独身時代から、がん保険に加入しています

私が加入している、がん保険は、アメリカンファミリーのがん保険です。アフラックの保険と言ったほうがわかりやすいでしょうか。加入したのはずいぶんと昔です。会社に勤務していたときに、団体で加入すると月々の保険料がやすくなると言われ希望者のみ加入しました。わたしは当時若かったので、月々800円でがん保険に加入することができました。今は40代ですが、ずっとその保険料のままです。若い時に加入しておいて本当に良かったと思っています。運よく、まだ、がんにはなっていませんが、いつ自分だってがんになるかわからないです。がん治療はお金がかかると聞きますし、ちょっとでも足しになればいいなと、この保険はずっとこのまま入っているつもりです。年齢があがっても、月々の保険料がそのままってのがいいですよね。がんなんて高齢者がなるもの、って考えていましたが、あっと言う間にわたしも40代です。人生は早いですからね。備えあれば安心ですよ。

がん保険に加入した理由

"現在30代です。私がまだ18歳の頃、父親が会社の健康診断で再検査と診断され、大学病院で精密検査を受診したところ、初期段階ではありますが「胃がん」と診断され、その「がん」もスキルスがんと言われる非常に進行が早いという「がん」でした。
急ではありましたが、即日入院で翌日から検査などが始まり、手術も翌週に行われるという感じで、こちらの心の準備がないままに事は進んでいきました。

とはいっても、やはり一家の大黒柱である父親がそうなると、心配なのは父親の体の事だけではなく、家計の事でもありました。入院費用、手術代、考えたくはなくとも、万が一の事があった場合には、どうすべきか、という事が頭によぎりました。

しかし、そういったときの為に「がん保険」に加入していたので、入院費用から、手術代まで心配なく支払いがあったのでお金の心配もなく、父親は無事に回復し、今でも健康です。

それまでは保険って支払っていても損な気がする・・と思っている部分がありましたが、自分もいつどうなるか分からないし、家族を困らせたくないという事でがん保険に加入しています。

私が加入している保険はアフラックのがん保険です。なぜアフラックにしたかという理由は、父親が入っていたので自然と同じ会社にしました。
加入時には、日本生命とも悩みましたが、それは勤務先にこられている営業の方が日本生命だったのですが、結局はアフラックにしました。

実際自分が病気になったわけではないのですが、総合先進医療特約があるので、もし高額な費用がかかる病気になっても、支払ってもらえるので安心ですし、
満足しています。
"

アメリカンホームダイレクトのがん保険に加入しました

"がんになった時の医療費が心配なので、アメリカンホームダイレクトのガンタイプの保険に加入しました。この保険の良いところは、がんになった時に色々な補償があることです。
加入する前にがんについて色々と調べたのですが、がんというのは悪性新生物のことで、この他に初期のがんとして上皮内新生物というものがあるそうです。アメリカンホームダイレクトのがん保険なら、この上皮内新生物も補償対象になっています。
またオプションとしては日帰り手術の場合や退院時の一時金、退院後の通院など、自分に必要な物を組み合わせて保険を作ることができるのも気に入りました。支払う保険料を安くしたいのならオプションはつけなくてもよいし、がんになった時の補償を手厚くしたいのなら必要な物をプラスして申しこめばよいのです。
他の保険会社では自分には必要のないものがセットになってしまっていることもあったため、自分で組み合わせて選べるのはとてもよいと思いました。まずはがんにならないように普段の生活を改善していくことが大切なのですが、万が一の時のためにも保険に入っておくことは重要だと思います。"

友人の入院を機に慌てて保険に加入しました

"私はつい最近まで、ガン保険しか入っていませんでした。

父がガンをしているので、念のために私も数年前に入りました。

しかし、保険に多くのお金をかける余裕はなかったので、外資系の一番安いものにしました。

また生活が落ち着いてからゆっくりと考えればいいと、なんでも先延ばしにしてしまう性格の私は思っていたのですが、つい先日友人が事故にあい入院したのです。

その友人は、私よりひどく一切の保険に入っていませんでした。当然、入院しても何の保障もないのです。

独身貴族で遊びまわっていた彼は貯金もあまりなく、仕方ないので親に泣きついたそうです。

40歳過ぎて親に泣きつきたくないなと思い、私は友人を見舞いにいったその日に保険無料相談の申し込みをしました。

以前より、保険に加入するなら無料相談を利用しようと思っていたのです。

その週の日曜日に妻と一緒に相談にいき、二人で医療保険に加入することに決めてきました。

保険料など、こちらが出せる金額の上限と、希望する保障内容を提示して、一番希望に合うもので決定しました。

本当に最低限の保障内容ですが、また時期をみて他の保険も検討しようと思っています。"