トップ > ガン治療ー新たな放射線療法

ガン治療ー新たな放射線療法

"ガンの治療方法の一つに放射線療法があることは、広く知られている。
細胞にある量以上の放射線が当たると、DNAに傷がついたり、細胞の中身が破壊されたりして、その細胞は死んでしまう。その原理を利用し、ガン細胞に放射線を当てて殺そうとする治療である。
しかし、放射線の作用はガン細胞だけに及ぶものではない。周囲の健康な細胞にも放射線が当たれば、それらをも傷付けてしまう事になる。そうして副作用が問題になるのである。
しかし現在、この副作用の問題を解決できるかも知れない方法が開発され、既に実用段階に入っている。照射する放射線の種類を、従来のX線から粒子線へと変更した治療法である。粒子線をうまく利用すれば、X線と比べて、不必要な範囲に当たってしまう放射線の量を劇的に減らす事ができるというのだ。
ガンの種類によっては使えないものもあり、また新しい治療であることから長期での治療成績は今後の追跡を待たなければならない。しかし、短期では良好な成績を挙げていると言われている。
特殊な装置が必要であるため、限られた施設でしか行うことができないが、今後より広まっていくことが期待されている。"

お金に関する情報をまとめてあります

アルバイトでお金を借りる学生!←詳しくはこちら

前の記事 |