トップ > がん保険に加入した理由

がん保険に加入した理由

"現在30代です。私がまだ18歳の頃、父親が会社の健康診断で再検査と診断され、大学病院で精密検査を受診したところ、初期段階ではありますが「胃がん」と診断され、その「がん」もスキルスがんと言われる非常に進行が早いという「がん」でした。
急ではありましたが、即日入院で翌日から検査などが始まり、手術も翌週に行われるという感じで、こちらの心の準備がないままに事は進んでいきました。

とはいっても、やはり一家の大黒柱である父親がそうなると、心配なのは父親の体の事だけではなく、家計の事でもありました。入院費用、手術代、考えたくはなくとも、万が一の事があった場合には、どうすべきか、という事が頭によぎりました。

しかし、そういったときの為に「がん保険」に加入していたので、入院費用から、手術代まで心配なく支払いがあったのでお金の心配もなく、父親は無事に回復し、今でも健康です。

それまでは保険って支払っていても損な気がする・・と思っている部分がありましたが、自分もいつどうなるか分からないし、家族を困らせたくないという事でがん保険に加入しています。

私が加入している保険はアフラックのがん保険です。なぜアフラックにしたかという理由は、父親が入っていたので自然と同じ会社にしました。
加入時には、日本生命とも悩みましたが、それは勤務先にこられている営業の方が日本生命だったのですが、結局はアフラックにしました。

実際自分が病気になったわけではないのですが、総合先進医療特約があるので、もし高額な費用がかかる病気になっても、支払ってもらえるので安心ですし、
満足しています。
"

お金に関する情報をまとめてあります

前の記事 | 次の記事