トップ > 癌にならないために

癌にならないために

"癌は遺伝によってリスクが高まると言われていますが、私の家系は4人の祖父母全員と実の父が癌にかかっています。
特に、去年父の癌が発覚してからは入退院を繰り返してどんどん痩せて行く様子を目の前で見ており、本当に怖い病気だと改めて実感するようになりました

癌だけでなく大腸にポリープができやすい家系でもあるので、私自身は若いうちからかなり大腸の癌を警戒して色々と食事を工夫したりしています。
まず絶対に便秘にならないように心がけ、毎日お通じがあるように食生活やサプリメント、便秘薬ではない漢方の薬等で体調を整えています。また、煙草は嫌いなのですが、家族全員喫煙者なのでなるべく煙を吸い込まないように努力しています。

消化器の癌にかかると、開腹手術などで体力が衰えるのはもちろん、術前術後に食事が取れないことでかなり気力が落ちてしまうようです。大腸癌は肺や肝臓に転移しやすく、重症化に繋がるケースもあります。
常日頃から自分の胃腸の調子をしっかりと把握し、少しでも異常があれば早めに受診するなどして、これからも癌の予防を心がけたいと思っています。
"

お金に関する情報をまとめてあります

子供が大きくなるにつれて保険見直しの重要性は増してきます・・・。

前の記事 | 次の記事